旅行サービス手配業登録の申請

旅行サービス手配業登録でできること

旅行サービス手配業は、報酬を得て、旅行業者(外国の旅行業者を含む)の依頼をうけて、以下の行為を行うことができます。

  1. 運送(鉄道、バス等)又は宿泊(ホテル、旅館等)の手配
  2. 全国通訳案内士又は地域通訳案内士以外の者による有償による通訳案内の手配
  3. 輸出物品販売所(消費税免税店)における物品販売の手配

旅行サービス手配業は、平成30年1月4日より始まったランドオペレーター業務を行うための登録制度です。
旅行業者の為に行う事業ですから、旅行者に対してサービスを提供することはできません。
国内のサービスの手配に関する登録なので、海外において行う場合は、旅行サービス手配業の登録は不要です。
一方で、海外の旅行会社からの依頼であっても、国内においてサービスの手配を行う場合は、旅行サービス手配業の登録をしなければいけません。

登録の要件

旅行サービス手配業には、資産要件はありません。

  • 営業所ごとに旅行サービス手配業務取扱管理者を確実に選任すること
  • 会社役員や取扱管理者が、欠格要件に該当しないこと
  • 営業所(事務所)を確保できること

※旅行サービス手配業務取扱管理者は、「旅行サービス手配業務取扱管理者研修の登録研修機関が実施する研修の課程を修了した者」または、「総合旅行業務取扱管理者試験又は国内旅行業務取扱管理者試験に合格した者」のいずれかであることが必要です。

料金とサービス内容

当事務所では、旅行サービス手配業登録の申請サポートを行っています。

旅行サービス手配業は、平成30年に創設された新しい制度です。
国内外に支店や子会社を持ち、ホテルや運送サービスを独自に手配・予約のできる大手旅行会社以外は、現地に詳しいランドオペレーターに手配・予約を委託していることが多いです。
近年はインバウンド(訪日外国人旅行)需要の増加から、海外の旅行会社が日本国内での手配・予約をランドオペレーターに委託するケースも増えており、今後も需要は拡大していくと思われます。
また、登録に資産要件がないことから登録のハードルが低いので、まずは旅行サービス手配業から始めて、事業が軌道に乗ったら旅行業登録を検討するという方も増えています。

当事務所では、旅行サービス手配業登録の申請代行はもちろんのこと、必要に応じて会社設立等も併せてサポートしますので、面倒な手続きを全てお任せして、開業までスムーズに進めることができます。

■料金表
内容 報酬額(税別)
新規登録 旅行サービス手配業の新規登録を手続代行 100,000円~

※報酬額は、事業規模や必要な手続きの内容に応じて金額が変わりますので、ご相談いただいた後に都度お見積りを致します。

■サービス内容
  • 登録要件の調査
  • 登録行政庁との折衝
  • 提出書類の収集・作成
  • 申請書類の提出の際の登録行政庁への同行
  • 登録通知書の受領

※必要に応じて、提携する司法書士のご紹介も行います。

お問合せ

旅行業登録でお悩みの事業者様、是非一度ご相談ください。
お問い合わせは、お問合せフォームまたは、電話:082-207-1663までご連絡ください。

また、「自分の業務に旅行業登録は必要か?」「どの旅行業登録をすればいいのか?」といったご相談も受け付けています。
ただし、ご質問の内容によっては、有料相談とさせて頂く場合もございますのでご了承下さい。
なお、有料相談後にご依頼いただいた場合には、相談料は無料とさせて頂きます。

関連商品

  1. 第2種旅行業登録の申請

    国内旅行なら制限なく取り扱える第2種旅行業。第1種旅行業に比べると登録しやすいことから、ここからスタートされる事業者様も多いです。第2種旅行業登録に向けた弊所のサポートの内容や料金はこちらから。

  2. 第1種旅行業登録の申請

    海外のパックツアーが取り扱える第1種旅行業。すべての旅行業務が取り扱えますが、その分、登録のハードルは高いです。第1種旅行業登録に向けた弊所のサポートの内容や料金はこちらから。

  3. 地域限定旅行業登録の申請

    旅行業登録の中で一番資産要件のハードルが低い地域限定旅行業。近年、業務範囲も広がったことから、特に地方で使い勝手の良い登録種別となりました。地域限定旅行業登録に向けた弊所のサポートの内容や料金はこちらから。

  4. 書類作成代行サービス

    できるだけ費用を抑えて旅行業登録をしたいというご要望にお応えして、書類作成代行サービスを開始しました。通常の3/4程度の費用で旅行業登録が可能に!日本全国対応します。

  5. 第3種旅行業登録の申請

    近年、国内募集型企画旅行の業務範囲が広がった第3種旅行業。資産要件も比較的軽いことから、旅行業で独立・開業を目指すにはちょうどいい登録種別です。第3種旅行業登録に向けた弊所のサポートの内容や料金はこちらから。

ページ上部へ戻る